fbpx
インドネシア:ドイツハラール認証団体、BPJPHの暫定認定取得

ハラール・ビジネス・オンライン

ハラール・ビジネス・オンライン

インドネシア:業界懸念受けハラルラベル期限を延長

命を守る重要なワクチンや他の製品の供給が危うくなる懸念と混乱の表明を受け、インドネシアは食品・医薬品・化粧品に関する2019年10月のハラルラベル期限を最大7年延長する。 2014年世界最大ムスリム国家インドネシアは、商品のハラル判断・イスラム法規適切性認証のためのラベルについての方案を導入し(さらに…)

インドネシア:シャリア経済基本計画発表(2)

ムスリム人口の最も多い国インドネシアは、今回発表する初のシャリア経済基本計画で、無利息のイスラム銀行業を主流に押し上げること、またハラル食品・商品・サービスの国内生産増加を目指すという。 National Development Planning Boardの金融サービス部長Muhammad (さらに…)

インドネシア:新しいハラル認証についての質問

インドネシア政府は、2014年にHalal Product Assurance(ハラル法)に関連する2014−33法(Law No. 33 of 2014)を発行した。これはインドネシアが世界一のムスリム人口を抱え、ハラルがイスラム法で許可されるものであることを鑑みると、重要な法律であると見(さらに…)

インドネシアのハラル規則と業界の心配

インドネシアの法律(33/2014)によると、インドネシアの化粧品および補助食品製造業者は国内流通前にハラル認証の取得が義務付けられている。 ハラル製品の規定は2019年10月から適用予定だった。 しかし、ここ最近の一連の変更で、BPJPH(Halal Product Assurance Ag(さらに…)

インドネシア:2019年BPJPH設立後の新しいハラル規則について

インドネシアのようなムスリム主体国家にとって、日常的に買ったり消費するものがハラルかどうか:言い換えるとイスラム法で許されているかどうかを考える事は重要なことの1つである。 この理由から、インドネシア政府はMUI(インドネシア・イスラーム聖職者会議)ハラル認証団体に代わり、ハラル認証プロセスを(さらに…)

インドネシア:ハラル認証と共に3兆$シャリアマーケットのシェア獲得を画策中

  2.7億人近くの人口を誇るインドネシアは世界最大のムスリムを抱える国家である。しかし、世界ハラル産業ランキングにおいては10位に留まり、ブルネイと変わらない状態であり、イスラム経済のチャンスを獲得しているとは言えない。 しかし、まもなく変化が訪れる。現大統領Joko Widodo氏と(さらに…)