ハラール先進国「マレーシア」の課題と展望【2019-2020】

ハラール・ビジネス・オンライン

ハラール・ビジネス・オンライン

World HALAL Conference2019

ハラール先進国「マレーシア」の課題と展望【2019-2020】

マレーシアは名実ともに世界ハラール市場を支えてきた実力国である。 国をあげて構築してきたハラール認証制度「JAKIM」は日本でも聞いた事がある方は多いのではないだろうか。 今回はそんなハラール先進国「マレーシア」の展望と課題をまとめた。 マレーシアがハラール先進国と言われる理由 マレーシアHDC(さらに…)

Tom's of Maine

アメリカ:Tom’s of Maine社、ナチュラル・プレバイオティック・パーソナルケア製品発表

米国民の3分の1以上が体の内面あるいは表面のバクテリアが健康的なバランスを欠いていると感じていることを受け、Tom's of Maine社は初のナチュラル・プレバイオティック・パーソナルケア製品を発売する。 Tom's of Maine社の新しいプレバイオティック・パーソナルケアシリーズは、歯(さらに…)

カタール:商工会、ハラル貿易の国際展開を支援

カタール商工会メンバーによると、民間分野を率いるカタール商工会がハラル貿易の国際的プロモーションを支援する模様。 クアラルンプールで開催された第16回International Halal Conference and Exhibition(国際ハラル会議&展示会)に参加したカタール商(さらに…)

マレーシア:ゴム手袋のハラル認証は 新たな「個人的防護具」基準に基づくと主張

マレーシア企業が、サプライ・チェーン全体を通してハラルの整合性を保つために,再利用可能なゴム手袋 に対して世界初JAKIMハラル認証を取得したと発表した。 手袋のハラル認証は、個人用防護具(PPE)に関する新基準に沿ったものだとJAKIMから連絡があったと、住友ゴム工業株式会社子会社で(さらに…)

ブラジル:精肉業者の自己監視強化を提案

By Jake Spring & Ana Mano Editing by David Gregorio Salaamgateway.com 世界最大の牛肉・鶏肉輸出国であるブラジルでは、今まで通り精肉業者に監視員を常駐させることでは対応が間に合わなくなってきたことに応じ、食品加工業者自(さらに…)

シンガポール:スーパーフード企業Doki Doki、APAC市場制覇に乗り出す

シンガポールの新興企業Doki Dokiは、現代健康食トレンドを押さえた乳製品フリー・グルテンフリー・完全ベジタリアン・無添加スーパーフード・ピューレ製品を携えてアジア太平洋市場に乗り出す。 「我々は農家の持続可能性にも配慮しながら、地元の産直トロピカルフルーツを使うようにしている。また、ステビア(さらに…)

【インドネシア】ハラル認証プロセスを有利にするBPJPH設立

インドネシアのようなムスリム主体国家にとって、日常的に買ったり消費するものがハラルかどうか?言い換えるとイスラム法で許されているかどうかを考える事は重要なことの1つである。 この理由から、インドネシア政府はMUI(インドネシア・イスラーム聖職者会議)ハラル認証団体に代わり、ハラル認証プロセスを(さらに…)