ハラル認証の国際的統一化について

ハラール・ビジネス・オンライン

ハラール・ビジネス・オンライン

islamic

ハラル認証の国際的統一化について

ハラール食品業界は急速に成長する見込みだ。最新の2019/20State of the Global Islamic Economy報告書によると、ハラール飲食品の支出は2023年までに1.9兆ドル(約209兆円)に達すると見られている。国際ハラール食品市場は6.3%の年間複合成長率で成長し、2(さらに…)

カンボジア:ハラル認証本格化、ハラル市場注力へ官民一体化の動き

カンボジアは厳格な食品安全規定に基づく食品認証制度を展開する中、ハラル認証に本腰を入れている。約60社がハラル認証を申請し検査後39社が認証を受けた。 カンボジア商務省貿易振興職員は「各企業はハラル認証を受けるためには厳格なハラル基準を順守して食品製造する必要があることを念頭に置く必要(さらに…)

セミナー:2019年12月12日開催―2020年に売るためのハラルセミナーin東京

By Sigamp ハラル認証を取りたくても、「認証をとって売れるのだろうか?」といまだに懐疑的な企業もある。「どの国の相互認証があるのだろう?」と、あまり意味のない相互認証チェック表を作成し続けて、結局何のアクションも起こさないまま2019年が終わろうとしている企業もある。日本企業にとって、ハ(さらに…)

レポート:ハラル成熟度チェックリストKPI(重要指標)

ハラルは以下のような順序で進化していく。 (1)ムスリム企業:売り手と買い手の信頼関係だけに基づくもの (2)ハラル商品:原材料と製造プロセスに対しハラル認証を受けている (3)ハラル・サプライチェーン:サプライチェーンの最初から最後までハラル要件が満たされている (4)ハラル・バリュー(さらに…)

レポート:それでもハラル相互認証チェックを続ける日本人

ハラルの事を調べ始める時に日本人はどんなアクションを取るのか、ふと興味が沸いたのでハラル認証団体の方に質問してみた。 すると、以下のような答えが返ってきた。 「多くの日本人の方が質問するのは、たいてい、どの国と相互認証できるか、という事です。相互認証している国がどこか気になる、という(さらに…)

コスメは新ハラル基準に対応せよ【インドネシア】

世界最大のムスリム人口を抱えるインドネシアは、2019年10月17日のHPA(Halal Product Assurance)法の実施に伴う大変化を迎え、製造業者たちは注目している。 新たな法律が施行されれば、インドネシアで販売される全ての食品・飲料・薬品・化粧品・日用ケミカル製品・オーガニック(さらに…)

カナダ:HMA、ハラル認証を円滑化

10%超の成長を遂げたHMAは、カナダ大手ブランドと協力し透明性を高め、カナダムスリム市場への参入を目指す HMA(The Halal Monitoring Authority)は、2004年に結成されたハラルの監視および認証を扱う信頼ある団体であり、全てのステップをモニタリングし、(ハラル認証を(さらに…)

インドネシア:新しいハラル認証についての質問

インドネシア政府は、2014年にHalal Product Assurance(ハラル法)に関連する2014−33法(Law No. 33 of 2014)を発行した。これはインドネシアが世界一のムスリム人口を抱え、ハラルがイスラム法で許可されるものであることを鑑みると、重要な法律であると見(さらに…)