ドイツ:ハラール化粧品・日用品が流行の兆し

ハラール・ビジネス・オンライン

ハラール・ビジネス・オンライン

frankfurt

ドイツ:ハラール化粧品・日用品が流行の兆し

ドイツはEU内でフランスに次いで2番目に大きなムスリム人口を抱えている。推定500万人のムスリムが連邦共和国内に居住しているが、市場で購入可能なハラール商品に関する消費者の認識が不足しており、またハラール商品自体の流通網もいまだに限定的である。 とりわけハラール化粧品とパーソナルケア分野は、幅(さらに…)

Halal cosmetics 2020

ハラール化粧品トレンド、アジアで需要増加(前編)

ハラール化粧品の売り上げが伸びているが、その人気の広がりは世界均等とは言えず、アジア、特に東南アジア周辺での需要が多くなっている。 ハラール化粧品東南アジア市場 フランスのAsia Cosmetics Labの東南アジア地域プロジェクト・マネージャーHéloise Lefebvre du Pre(さらに…)

2019 Istanbul Modest Fashion Week

モデストファッションとは?【 ハラール経済から読み解く】

外観・見た目というものは大切である。 それは、他者が自分のことをどう受け止めるか、そして自分に対する意識にも影響する。10年前Modanisaというモデストファッション(ムスリムのためのモダンファッション)の黎明期には、ヒジャブをつけておしゃれをするなど考えられず、西洋メディアの報道の中でムスリ(さらに…)

エシカル・ファッションをめぐる5つの誤解【オーストラリア】

エシカル・ファッション(環境問題・労働問題・社会問題に配慮した良識にかなった素材の選定・購入・生産・販売をしているファッション)が流行しているが、そこにはすぐに誤解を解かないといけない複数のポイントが存在する。 オーストラリアはアパレル世界第2位の消費者である。そして日々50万トン以上のアパレ(さらに…)

Modanisa.com:ラマダンとイードのベストファッション

ネット通販サイトModanisaは、業界最高のモデストファッション(ムスリム向けファッション)デザイナーとタッグを組み、ラマダン(1か月にわたる断食節)イード(断食明けを祝うお祭り)を最高にシックな着こなしで昼も夜も万能で過ごせるラインナップを発表した。 スーパーモデルのHalima Aden(さらに…)

マレーシア:起業家育成庁大臣、タタルスタン訪問

Mohd Redzuan大臣は2日間、ロシア連邦タタルスタン共和国首都カザンを訪問する。 声明によると、大臣はマレーシア政府を代表し「ロシア—イスラム世界:カザン・サミット2019」をテーマとする第11回国際経済サミットにタタルスタン大統領の後援のもと開催される期間出席する。 「大臣はこ(さらに…)

“肌を見せない”モデストファッションが人気の理由

ムスリムの保守的な服装は、イブサンローランの深いネックラインや Jacquemusの超ミニ丈等を考えると最新ファッショントレンドと相容れないと思われるかもしれないが、ムスリムの間でより配慮のある肌を見せないファッションの人気が高まってきている。 モデストファッションの市場拡大 modest fa(さらに…)

トルコ:イスタンブールでIMFW(ムスリムファッションウィーク)開催

今週末、イスタンブールに世界中から一流のモデストファッション・デザイナー、インフルエンサー、バイヤーやファッションリーダーたちが集まる。 21のブランドが第2回IMFW(ムスリムファッションウィーク)でラマダン・コレクションを発表する予定だ。急速な成長を見せているモデストファッション部門の(さらに…)