ビジネス

マレーシア:HDC、高収入型経済へ導く

  • LINEで送る
HDCによると世界ハラル食品市場は2025年までに7,396億ドルに達する見込み
HDCによると世界ハラル食品市場は2025年までに7,396億ドルに達する見込み

HDCによると世界ハラル食品市場は2025年までに7,396億ドルに達する見込み  写真:https://www.halalblog.net/

(クアラルンプール)HDC(Halal Industry Development Corporation:マレーシアハラル産業公社)はマレーシアを高付加価値・高所得経済にし、国内外の経済的連携を強化することで国際イスラム経済成長の基礎となる目論見を発表した。

HDC会長Datuk Seri Jamil Bidin氏は以下のように述べた。「イスラム経済が国際的に歓迎されており、国際的なシステムに不可欠な一部となってきており、国際的コミュニティへの参加機会をより拡大させ、世界各地域同士の繋がりを増やしている。

初期のイスラム経済の発展は非常にドメスティックかつ宗教中心であったが、今日ではイスラム経済の発展は有機的かつ大規模にムスリム人口を抱える国々に広がっている。」

これには、ハラル製品需要の増加と、イスラム金融が広く認知された事が大きく寄与しているとHDC会長Datuk Seri Jamil Bidin氏はロンドンで開催された、「新しい国際経済原動力:ハラル経済とイスラム金融:イスラム金融、ハラル経済の国際経済への貢献」と銘打たれた第4回世界ムスリム・リーダーシップフォーラムのパネルディスカッション上で述べた。

Datuk Seri Jamil Bidin氏のロンドンでのプレゼンテーションでは、近年のイスラム経済の国際化が国際的な規制当局とプレイヤー間の戦略的パートナーシップを増加させ、相互に利益を強化する可能性について述べた。「国際的統合と戦略的コラボレーションはマレーシアおよび他国にとっての機会を強化し、それぞれの国の多様なアドバンテージを浮き彫りにしていくだろう」と氏は語った。

HDCによると、世界ハラル食品市場は2025年には7,396億ドルに達する見込みであり、またイスラム金融は非ムスリム国家からの関心も得ることで2020年には6.7兆ドル規模となる見込み。

現在、世界には300以上の国際的イスラム機関が存在し、2,600億ドル以上がイスラム・ファンドに投資されている。

原文:https://halalfocus.net/malaysia-hdc-committed-to-turning-malaysia-into-a-high-income-economy/