ビジネス

UAE、世界初のハラル食品システムを設立・組込み

  • LINEで送る

第4回Global Halal Industry Platform(グローバル・ハラル産業プラットフォーム)での発表

UAE 経済省/ESMA理事長Eng. Sultan Al Mansouri氏と役人・大使・領事達
ドバイのハラル・アラブ・プログラムでの発表
2019/2/18 写真:PRNewsfoto/Arab Halal Program

UAEでハラル製品・サービス・認証の相互認識のための統合アラブ一帯・フレームワークが発表された。これは国際市場でハラル食品の競合性を強める目的のための第一歩である。

このプログラムの発表はESMA(Emirates Authority for Standardization and Metrology)が運営する第4回Global Halal Industry PlatformのArab Industrial Development and Mining Organizationパビリオンで行われた。UAEはハラル産業のグローバル化を狙っている。

OIC(Organization of Islamic Cooperation:イスラム諸国会議機構)によると、ハラル飲食品の市場規模は今年2019年に2.5兆ドルに達する見込み。

ESMAのDirector General 、Abdulla Al Maeeni氏は下記のコメントを行った。「このGlobal Halal Industry Platform(会議)がGulfoodドバイと同時に行われ、ハラル業界で国際的に活躍する人々の会合の場と認識されている。世界中でハラル食品を必要とする16億人ものムスリム市場の成長に関するアイデアとビジョンを交換する重要な機会でもある。」

Abdulla Al Maeeni氏は、UAEが近年このハラル分野で優れた結果を残しており、2013年に「Dubaias the Capital of Islamic Economy(イスラム経済中心としてのドバイ)」を打ち立てた事を付け加えた。UAEは「Dubai Islamic Economy Development Center(ドバイ・イスラム経済開発センター)」および32会員を擁する「IHAF(International Halal Accreditation Forum:国際ハラル認証フォーラム)」を立ち上げた。

Al Maeeni 氏は、UAEがGIEI(Global Islamic Economy Indicator:国際イスラム経済指標)においても原油生産の展望の一部として良いランキングを得た事を強調した。事実UAEは、認証や評価分野におけるハラル標準・実施要項を包括した、世界最初のハラル食品システムを確立し導入を行った。

GCC(中東ガルフ湾周辺)の国々だけでも5,000億ドルのハラル商品の輸入が行われており、Dubai Islamic Economy Development Center(ドバイ・イスラム経済開発センター)の調査によると2023年には世界中のムスリム消費額は3兆ドルとなる事が見込まれている。

原文:https://halalfocus.net/uae-established-and-implemented-the-worlds-first-halal-food-system/