ハラル市場:新興分野への投資

ハラール・ビジネス・オンライン

ハラール・ビジネス・オンライン

ニュースビジネス

ハラル市場:新興分野への投資

HDC(Halal Industry Development Corporation:ハラル産業開発公社)によると、マレーシアは2020年に500億リンギット(約1兆3,410億円)の輸出額に近づくなど、世界トップのハラルハブの1つとなる模様。

多国籍企業 (MNCs:Multinational companies) は、ハラル分野の巨大な可能性とハラルビジネスを通じて形成される経済圏全体について認識してきました。Unilever(ユニリーバ)、L’Oreal(ロレアル)といった大手ブランドはサプライチェーンの対象を世界最大のムスリム国家:マレーシアやインドネシアなどにシフトしてきています。

正しいエコシステム無しではハラル産業の継続は行えません。エコシステムは、活気のあるイスラム金融とJAKIMやHDCのようなイスラム関連の統治を行うバリューチェーンから成ります。

このようなエコシステムの育成は市場トレンドを予測する戦略的な公約を必要とします。戦略とは、未来予測の専門家や、人材市場に登録し自活できるようになる前に必要となる実験的な学習の場やツールを兼ね備えた起業家などを有する事も含みます。

World Economic Forum(世界経済フォーラム)は2017年に「Human Capital Report:人的資源レポート」を発行し、人的資源の発展においてマレーシアが東南アジアで2位、世界33位にランキングされた事を伝えました。

ある国家が人的資源に対してどう投資するかは長期的視点からみた成功の重要な要素です。中国の諺に、「魚を1匹与えても1日分の食事にしかならないが、魚の釣り方を教えれば一生食べていける」というものがあるように。

インドネシアのUniversity of Darussalam(ダルサラーム大学)は、2月17日-20日の期間でBank Indonesia, Maybank, Bank Muamalat, Bank BRI 、シンガポールのコンサルティングファームZICO Holdings等の著名な金融機関などのサポートのもと、第2回International Islamic Economics Olympiad(国際イスラム経済オリンピック)を開催した。マレーシア・インドネシア・ブルネイ・シンガポールといった色んな地域の様々な資格を持った学生が参加しました。

“Fostering Islamic Economics Within Digitalization to Increase Nation’s Welfare”(邦題:国家福祉拡充のためのイスラム経済のデジタル化促進)をテーマする、この国際会議はイスラム商業金融・イスラムフィンテック・ソーシャルファイナンスといった議題を議論する狙い。多くのインパクトあるアジェンダの中討論や学術研究論文コンテストが行われ、学生たちの経済展望が発表されました。

マレーシアのInternational Islamic University College Selangor(KUIS:セランゴール国際イスラム大学)の最高学年Nadhirah Azni氏は研究論コンテストで賞を獲得したうちの1人。

論文のタイトルは、 “Establishment of Halal Frameworks and Governing Authorities: A Catalyst to Malaysia’s Welfare” (邦題:ハラルフレームワークおよび統治機関の設立:マレーシア福利厚生の触媒)で、論文ではハラル・バリューチェーン及びバリュー創成の発展について、そしてそれがマレーシア福利厚生の成長をどう啓発するかについて慎重に検討されました。

論文では下記の主張が行われた。「新興分野へ投資するというアイデアに関しては、収穫逓減の法則という古典経済論を適用すると、当該市場の産業の急成長を経験することになります。(※初期段階での投資は大きな生産量・リターンを生み、後期ではその増加量は減衰するという法則。)」

市場成長の早期段階での伸び率は明らかに高いため、マレーシアが急成長の前段階にあるハラル分野に投資することで良い波に乗る事ができると説きました。

1974年以前は宗教関連以外に実体が無かったマレーシアのハラル産業は、その後実際の産業へと形を変えていました。1997年の通貨危機により、マレーシア政府は多方面の収入源を通じて金融システムを洗練せざるを得なくなりました。

Statistica によると、世界のハラル市場規模は2022年には583億ドルに達する見込みで、マレーシアによる正しい形でのハラル産業開発戦略は、自身の繁栄のため・ハラル産業のため、あらゆる新興市場のために行われていきます。もちろん、市場傾向を戦略的かつ批判的に観察することを前提する事が条件です。

原文:https://halalfocus.net/halal-market-investment-in-an-emerging-sector