フード

【日本のラマダン 課題】断食 とハラル食品を探す困難さ

  • LINEで送る

写真:西千葉モスク1階のハラルショップHayabusa Halal Market(ハヤブサハラルマーケット)

今回は、インドネシアからの留学生Joko Widodo氏の経験から日本のラマダンの課題をまとめる。
(1年1回のイスラム教の断食節)

日本のラマダンの課題

日本に住むムスリムにとって、ラマダン期間における「長時間の断食」と、「ハラル食品を探す困難さ」という課題がある。

断食時間の長さ

日本でのラマダン期間の最初の週は、夜中2時にSahurと呼ばれる断食節用の朝食を取り、日没の18時35分に断食を終える。

ラマダン節が終わりに近づくと、1日の断食時間は長くなる。
夜明けとされる時間が深夜2時近くになり、それによって日本にいるムスリムはSahurの朝食をもっと早く、夜中1時ごろに摂らないといけなくなる。

そして、断食明け時間も19時半前後に延びる。

日本のムスリムコミュニティは、夏前のラマダンにおいて長い断食時間を避けて通れない。

逆に冬のラマダンは、夜明けは朝6時半ごろ、日没は16時半ごろとなるため断食時間は短い。

熱帯地域でない日本などの国でラマダンの断食を実行しないといけないムスリムにとってこの断食時間の長さはかなりの挑戦である。

ハラル食品を探す困難さ

次に課題となるのが、ハラル食品を探す困難さについてである。
日本の多くの食品は、ムスリムが口にすることができない豚を材料にし、ショートニングや乳化剤など多くのハラルと認められていない添加剤を含んでいる。

日本ではハラル食品を扱う店やスーパーは多くない。

日本でハラル食品やハラル食材を入手できる主なルートは、業務スーパーとなる。
業務スーパーには、一部ハラルマークのついた食品が売られていることは在日ムスリムの間で有名である。

しかし当然のことながら、ハラル食品は日本において輸入物が多いせいで、一般で売られる日本の食品よりも高価な場合が多い。
日本でもっと多くリーズナブルなハラル食品が用意される事を在日ムスリムは望んでいる。

茨城県の筑波に住む私自身の生活で言うと、西千葉にあるモスク(イスラム寺院)の1階にあるハラルショップが拠り所となっている。
このハラルショップはJR西千葉駅のすぐそばにある。

ときどき私はこの西千葉の(モスクと)ショップにつくばエクスプレスに乗り2時間かけて出かけ、ハラル食品を買い込み、つくばの自宅に持って帰る。つくばにも業務スーパーや、つくばモスクのハラルショップ、筑波大学キャンパス近くの中国物産展などはあるが、それらは全部私のアパートからは遠い。

課題を解決するためには?

日本のムスリム人口は今、増え続けている。

より多くのムスリムコミュニティが各地で結成され、日本人でムスリムになる人も増えている。

その中には、イスラム教に改宗してすぐにHajj(ハッジ:巡礼月12月の8日から10日までの間に,定められた順序・方法で必ず集団で行わなければならない)と呼ばれるメッカの巡礼に参加する人もいる。

日本ではHajj巡礼はUmrah(小巡礼)のように旅行会社を通して登録でき、日本からの参加枠も豊富である(応募者が少ないため)。

もし日本からHajjに参加する場合、登録さえすれば数か月後に行くことができる。私の母国であり、世界最大のムスリムを抱えるイスラム国・インドネシアでは、Hajjに応募してから20年以上を必要とする。

地方政府のサポートもあり、日本でムスリムコミュニティ組織は増え続けている。そのうちいくつかは日本のローカル運営組織であるが、いくつかは日本国外のイスラムの国々の支援を受けて設立・運営されている。

私自身は現在、インドネシアを母体とするシャリア経済団体:MESの日本支部を設立するために奔走している。
多くの人が声を上げて社会に日本のラマダンの課題を伝えなくてはいけない。

日本のムスリム団体はインドネシア・マレーシア・パキスタン等といったムスリムの国々からの移住者によって発展を続けている。

<用語解説>
Ramadanラマダン:イスラム歴で9月を意味し、コーラン経典の教えに基づき断食を1か月にわたり行う期間。ムスリムにとってラマダンは、断食を行い、自身を省み、コミュニティを強める1か月である。断食は、太陽の上っている間行われ、飲み物を含めた飲食物を一切口にする事ができない。夜明け前と日没後に、決められたものを摂取することができる。

Hajj(ハッジ):巡礼月12月の8日から10日までの間に,定められた順序・方法で必ず集団で行わなければならない、メッカで行われる大巡礼。

Umrah(ウムラ):Hajjが大巡礼であるのに対し、Umrah(ウムラ)は小巡礼。

Shariah(シャリア):イスラム教のルールに則った形の経済方式。Shariah Finance(シャリア金融:イスラム教のルールに則った経済的サービスを行う金融機関)という形でよく用いられる。

ニュースソース:https://indopos.co.id/read/2019/05/14/175165/berpuasa-hingga-18-jam-sulit-temukan-makanan-halal