その他

ハラール認証を取得すべき企業とは?【プロが解説】

  • LINEで送る
ハラル認証 取得すべき企業とは?

ハラール(ハラル)市場、ハラールビジネスという言葉が日本でもよく聞かれるようになってきました。
ハラール市場についてまだタッチしたことのない日本人からすると「新しい市場」、「未開の金塊があふれた市場」だと感じる方も多いようで、ハラール認証を取るべ必要がある、「取らないといけない」という前提で情報を収集されている方も少なくありません。

しかし、ハラールビジネスを続ける人間として見てきた中で言うと、「ハラール認証を取るべき企業」「取得したほうが良い企業」というものが存在することもまた事実です。
裏を返せば、ハラール認証を取得しても、現状の問題が解決しないこともあります。
ここでは、ハラール認証を取得すべき企業について見ていきましょう。

取得前の心構え

ハラール認証を取得すべき企業の条件の前に、まず考え方を一致させておく必要があります。
ハラール認証の取得は、ムスリム向けに商品を販売する上での最低条件ともいえます。
ハラールマークがあるか無いかで、「ムスリム消費者が商品を手に取ってくれる」かがほぼ決まるからです。

ただし、それだけで商品がバカ売れするわけではありません。
当たり前かも知れませんが、ハラール市場の中でもまた、正常な競争は行われています。

  • マーケティング費用
  • プロモーション費用

というものを考慮していないと、ハラール認証を取ったのに(その後プロモーションの努力をせず放置したあげく)売れない、という結果が待っているのは、ハラール市場に限ったことではありません。

認証取得すべき企業

では、ここでハラール認証を取得すべき企業をご紹介しましょう。
もし我が社はハラール認証を取得しようかお悩みでしたらご参考にください。

ムスリム主要国への海外進出を検討中の企業

ハラール認証を取るべき企業の条件としては、海外市場、ムスリムが多い国への進出を考えているケースです。

この場合、現地のハラール認証を取得してしまう方法もありますが、現地でのハラール認証取得には、「言葉の壁」「商習慣の壁」「相場感の欠如」など、色々な障壁が存在するため、現地工場での生産をはじめから検討する場合以外は避けたほうが無難です。

初期の、少なくとも半年ー数年間は、日本でスムーズに取得したハラール認証をベースに、現地での販路開拓やテストマーケティングを行うことに問題はありません。
そもそもテストマーケティング中にターゲット国が変わる可能性もあるため、現地でのハラール認証取得は終盤でも大丈夫でしょう。

ムスリム旅行者のニーズを狙いたい企業

現在はコロナの関係で冷え込んでいる海外からの旅行者需要ですが、コロナ安静後に最も日本が期待しているムスリムニーズはこのインバウンドだと思います。

オリンピックは来年に延期されましたし、大阪万博も数年後に控えていることから、今後も日本企業にとってインバウンドxムスリム旅行者のニーズはぜひとも狙いたい市場ではないでしょうか。

多くのお土産が並ぶ中、ムスリムの最初の視点は、やはり「ハラールマークの有無」になります。差別化のためにも、この場合はハラール認証を事前に取得し、在日ムスリム等の意見を聞きながらベストな商品を準備していくことができるでしょう。

在日ムスリムニーズを掘り起こしたい企業

コロナ情勢でも全く影響を受けずに、毎日需要が続いているのが、実はこの在日ムスリム消費者層です。
彼らは毎日ハラール商品を購入して消費しています。
海外進出せずとも、インバウンド旅行者の再来を待たずとも、ハラール商品を彼らに今すぐ届けることができるのです。

在日ムスリムのコミュニティはとても密なものなので、口コミや友人紹介を通じて、受け入れられた商品はあっという間に広がります。
そして、彼らの日常的な買い物リストに入ることができます。
もちろん、彼らが購入している販売チャネルに乗ることが条件にはなります。

国内で販売不振の商品は売れるか?

たまに、「国内市場での売れ行きが下降気味なので、ハラール市場に参入して売上の挽回をしたい」という相談も頂きます。
新しい市場でシェアを取って売上を増やす、という考え方には賛成ですが、市場が異なるということは消費者の特性が違うことも忘れてはいけない要素です。

「日本の味、日本のこだわり、伝統……。」

そういったものが全く魅力的に感じない層かも知れません。
もちろん、全く響かないわけではないのでしょうが、そういった日本人が良しとするポイントが、ムスリム消費者にとってPRポイントにならない可能性
も考慮、というか覚悟して挑む必要があります。

とくに味、に関しては、日本の商品の味は「薄すぎて味がしない」というムスリムの声も多いです。
時には、日本向け商品をリニューアルして、ムスリムに合わせて思い切った「味の脱皮」を行う必要が出てくるかも知れません。

  • ムスリムに日本企業のこだわりを押し付けたいのか?
  • ムスリムに喜んで買ってもらう商品を届けたいのか?

どちらの道で行くのかは、あらかじめ決めておくべき事項です。

ハラール認証商品の販売価格について

多くの場合、ハラール認証取得には費用が発生します。
この費用を販売価格に転換する日本企業もあります。

ハラール向け生産ラインを別途作るから、生産コストが上がるという理由もあるようです。
ただ、ムスリム消費者にとってみれば、このコストアップは好意的に見えないことは間違いありません。

例えば普段スーパーで目にする商品が100円なのに、同じブランドのハラール対応品が300円で売られていたりしたら、ムスリム消費者は手に取るのをためらうでしょう。

「売れていない状態」のコストを消費者に上乗せして販売する手法は、今の時代には合わないと彼らは考えています。
ハラール対応をして日常的に沢山売れるようになればそのコスト(通常品との差額)は0に近づくはずだ、という前提で言えば、最初からその価格で提供していくことで、売れ行きにも大きく影響するのではないでしょうか。

「売れるかわからないから先にコストを上乗せして回収したい」という焦りは、マーケティング的に悪手です。
これはハラールに限ったことではありません。

「家賃と内装費が高くついたので、売れるかどうかわからない当面の間、パンの販売価格を3倍にします。売れてきたら価格を通常に戻していきます」
というようなパン屋さんで、あなたは買い物をするでしょうか?

「オープニングセール」というのは聞いたことがありますが、商売の世界で「オープニング(コスト)上乗せ販売」というプロモーション手法を見たことがあるでしょうか?

ムスリムであろうとも、消費者はみな基本的に同じ考え方です。
消費者の視点でハラール商品の値付けが必要になります。

ハラール認証を完全理解しよう

ハラール認証にもっと詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

ハラール認証取得検討中のご担当者様

ハラール・ビジネス・オンラインでは、即時に認証費用が分かるお見積りサービスを実施中です!
さらに認証取得後に行うべきポイントをハラール市場専門家からアドバイスも無料で対応しています。
ぜひお気軽にご利用ください。

ハラール認証費用 即時無料見積サービス


ライタープロフィール
菅野幸介氏(Islamic Food Consulting代表)

菅野幸介氏のプロフィール画像

略歴:
琉球大学農学部卒、キャリアの殆どを海外市場で過ごし、業績アップ専門経営コンサルタント・化粧品会社の海外事業等を手掛けるうちに、日本製品xハラール市場の可能性に気づき、2018年に独立、ハラール専門のマーケティング会社Islamic Food Consulting代表となる。口癖は
「売らないならハラール認証を取る必要がない」
「販路を持たない人間はマーケティングコンサルタントではない」
「売るための努力をしないなら情報は取らないほうがいい」
と、一貫して販売・販路にこだわるマーケティングが持ち味。日本国内外のハラール市場・販路について情報を日々自分の足で稼ぐ、ハラールハンター。

  • LINEで送る

【無料】ハラール認証取得費用をお見積り!

毎年1000件以上の問合せに対応する豊富なハラール認証団体スタッフが、御社の状況を簡易チェックし、すぐにハラール認証にかかる費用をお答えするという画期的な無料サービスです。ファオームからお問い合わせを頂くだけで、24時間以内にハラール認証取得費用のお見積りをお出し致します。

お見積りはこちら