UAE: Arla Foods、Baby&Me Organicシリーズ発売

ハラール・ビジネス・オンライン

ハラール・ビジネス・オンライン

フードビジネス

UAE: Arla Foods、Baby&Me Organicシリーズ発売

大手乳製品企業Arla Foodsは、Arla® Baby&Me® Organic乳製品サプリ等をUAE市場で発売するとイベントで発表した。

同社の乳児栄養分野での実績は30年前に世界を牽引するIMF(infant milk formula:乳児向けミルク)ブランド向けに乳児用粉ミルクを生産・供給・開発したことから始まっており、牛乳生産の歴史は130年以上にも及ぶ。Fortune Business Insightsによると、世界乳児用粉ミルク市場規模は、2018年の451.2億ドル(約4.9兆円)から2026年には10.85%の年平均成長率を達成して1,038億ドル(約11.3兆円)に増えるとされる。

イベントでは、妊婦用粉ミルク・乳児用粉ミルク・穀物粥(生後4ヶ月から)・フルーツと野菜のパウチ入り粥(生後6ヶ月から)などの製品を含むラインナップが発表された。

Arla Foods 中東北アフリカ支社の副社長Rasmus Malmbak Kjeldsen氏は下記のコメントを行った。
「中東地域ではオーガニック製品需要が著しく高まっており、小売業者によるオーガニックのベビー製品の仕入れに対する関心も高まっている。私たちは世界を代表するオーガニック乳製品メーカーとして、Arla® Baby&Me® Organic製品シリーズをUAEで販売し、高品質な乳児用乳製品を求める、違いの分かる保護者のニーズに応えたいと考えている。

牛乳にオーガニック表示するためには、牧場が動物福祉・野生動物への配慮・サステナビリティー・製品品質等についてEUの法律が定めた基準を満たさねばならない。これには、牛の乳量を増やすために使われる、予防的な抗生物質や人工ホルモンを使用していないこと、100%オーガニック飼料を牛に与えていること、すべての飼料作物における農薬や人工肥料の使用を禁止していること、そして4月-11月の間、1日6時間以上牛が放牧されるという保証などが含まれる。

消費者にとって、安全性・信頼性・一貫した高品質などは本質的に欠かせないものであると当社は認識している。我々は牛乳を個々の農場までさかのぼり、いかなる問題も原因を突き止めてそれに応じて対処し、予防や是正を行い、バリューチェーン全体を通して透明性を保証できるようにしている」

中東北アフリカ地域のArla Child Nutrition代表Hassan Naja氏は下記のように述べた。
「いま私たちは、Arlaの数十年に及ぶ乳児栄養の専門知識を中東の家庭へと持ち込んでいる。私たちのArla®Baby&Me® Organic Milk Formulaは、乳児に限らず妊婦のためのラインナップも用意し、健康で幸せな母親に必要な体内からの強さを提供する。

当社が目指すのは、単に母親と乳児のためのオーガニック調製粉乳や離乳食品を新たな地域へ届けることではない。私たちの使命は次世代の人々がより強固な未来に向かうための全体的な成長のために、100%オーガニックで自然な基盤を提供することだ」

Arlaのパートナー企業、Emirates Snack Foods社のCEO、Ron Pilnik氏は下記のコメントを行った。
「オーガニックベビーフードでUAE市場に挑むArlaのパートナーであることを誇りに思う。UAEでは、オーガニック食品に移行する家庭が増えている中で時流に沿った動きであり、国際基準試験・認証をクリアした高品質な製品を提供する業者として定評のあるArlaは彼らのニーズに応えるだろう。

私たちはArla® Baby&Me® OrganicがUAE市場で順調に発売に至ったことを嬉しく思っており、このブランドが強力な支持を得ると確信している」

ArlaのBaby&Me® Organicは、中東市場でブランドの存在感を高めるための挑戦の一環として、サウジアとクウェートでも発売を開始し成功を収めている。

< Sigamp’s Eye >
編集者解説:オーガニック製品とハラール市場の親和性は、日本人が想像する以上に高く、各国のオーガニック企業がムスリム人口をターゲットにしのぎを削っている。特に女性向け、子供向けの健康志向商品はどの国でも需要が高まっているため、日本企業にも沢山のチャンスが眠っている。健康志向に自信のある日本企業はハラール市場に取組んでみると、思ったよりも早く参入でき、売上に繋がる可能性を秘めている。