ビジネス

統一ハラール基準開発のための専門知識共有へ【パキスタン・トルコ】

  • LINEで送る
Halal Accreditation Agency

Halal Accreditation Agency

トルコのHalal Accreditation AgencyとパキスタンPNAC(Pakistan National Accreditation Council)の間で最近取り交わされた覚書(MoU)は、ハラール国際基準に基づく統一基準作成に向けた触媒の役目を担うかも知れない。

パキスタン科学技術省広報担当官のTariq Masood博士がインタビューの中で以下のようなコメントを行った。

今回の合意は、肉製品・食品・衣服・化粧品を含むハラール品目のための統一基準開発に関してパキスタン専門家の能力開発援助の意味で極めて重要である。

トルコの専門知識共有

トルコはOIC(Organazation of Islamic Conference)メンバー国でありEUとも関係があるためハラール認証のベストプラクティスを実践しており、パキスタンに対して良質の専門知識を共有できるだろう。
現在の基準乱立という傾向を改善するために、国内のすべての人々に受け入れられるようなハラール品目の統一基準作成が早急に必要だ。
この覚書により、パキスタンとトルコはハラール分野の経験を共有し、合同セミナー・会議・研修プログラムを通して相互協力できる関係になる。
トルコ大統領の最近の来訪時にパキスタンとトルコの間で合計3つの科学技術分野のMoUが取り交わされた。

PNACを始めとした提携

パキスタンのPNACは科学技術省の傘下にあり、国内のハラール基準開発を任されている。

パキスタンPNACとトルコのHalal Accreditation Agencyでの提携の他、
トルコ:Standards Institution of Turkey
パキスタン:Pakistan Standards and Quality Control Authority
トルコ:Turkish Aerospace Indsutries
パキスタン:National University of Science and Technology

の間でも様々な部門を促進するための覚書が取り交わされた。


< Sigamp’s Eye >
編集者解説:古くからヨーロッパ・中東と交易をおこないハラール市場でも勢力を伸ばし続けているトルコと、日本の二倍の人口を持ちインドネシアにも匹敵するムスリム国の中でもダークホース的存在のパキスタン。パキスタンは他国と積極的に協力しながら経済成長の道を探っており、近年は中国との提携プロジェクトも数多い。HBOでも新型コロナウイルス問題が落ち着いた後、今年にパキスタン市場における日本ハラール製品の可能性を探りたいと企画中である。

関連記事:

中国:パキスタン・ハラール食肉投資に関心
  • LINEで送る