ビジネス

UAE:DIEDC、インドネシアで戦略的パートナーのネットワークを拡大

  • LINEで送る

イスラム経済を世界に広めるための合意を取り交わす
Business Bureau, Gulf Today

ドバイのイスラム経済発展センターであるDIEDC(Dubai Islamic Economy Development Centre)は、 インドネシアシャリア経済フェスティバルISEF2019(Indonesia Sharia Economic Festival)の会期中に、IHLC(Indonesia Halal Lifestyle Center)と、 KNKS (National Islamic Finance Committee)との2つのMoU覚書に調印した。ここでは、イスラム経済を世界に広めていくためのDIEDCの戦略的パートナーにIHLCと KNKSを指定している。

DIEDCのAbdulla Mohammed Al Awar CEOは、3組織の幹部立合いのもと IHLCのSapta Nirwandar会長との合意に署名し、 次にKNKSのVentje Rahardjo事務局長と合意を交わした。

これらの覚書は、DIEDCとインドネシア2組織における知識共有・合同展示会・相互訪問・ワークショップなどを中心とした連携の枠組みを提供する。目的として、 KNKSを通してIHLCとイスラム金融を新市場に紹介すること、またイスラム経済の注目度を高めるために各組織の技能レベルを向上させることも含まれる。

UAEとインドネシアは40年以上、共通価値観と団結に基づいた友好関係を保ってきた。人口の大幅な増加、デジタルネットワークと道徳的な消費者主義によって、全世界18億人となっている2.2兆円規模のムスリム経済は前年比5.3%の成長となった。同合意は、これらの増え続ける需要を活用し、3組織がそれぞれ主要市場での取引を増加させることが狙いだ。

インドネシアのムスリムは、2018年度イスラム経済分野全体で約2,250億ドル(約24兆円)を支出した。2019年5月にはハラール食品・商品・ハラール観光・イスラム金融など分野でベンチャー企業等のエコシステム活性化支援を目的とした野心的なイニシアチブIndonesia Islamic Economic Masterplan2019-2024を発表した。

一方UAEはイスラム貿易と金融の中心地としてのより一層の成長に努めている。Global Islamic Economy Indicator 2019/20で第2位につけており、ハラール食品・モデストファッション・ハラールメディア・娯楽・ハラール医薬品・化粧品部門では1位だった。

Abdulla Mohammed Al Awar氏は、「今回はDIEDCの四半期中2度目のインドネシア訪問であり、イスラム経済の中でUAEが果たす重要な役割と2カ国間の深い絆を反映している。UAEとインドネシアは、経済的繁栄と強固な二国貿易関係だけでなく、イスラム経済の持続可能な成長のビジョンを共有している」と話した。

また覚書に関連して「我々はハラール及びイスラム金融部門とイスラム経済全体の成長を促進する狙いを持つこれらの合意を歓迎する。今日DIEDCは世界中の新たなイスラム経済ビジョンを形成している。我々は、IHLCおよびKNKSとの戦略的連携がインドネシアのイスラム経済での存在感を高めることにつながると確信しており、国内のイスラム経済組織との長期的で生産的なパートナーシップを期待している。

インドネシア銀行総裁Perry Warjiyo氏は「世界最大のムスリム人口を持つ国として、ハラール商品の消費者としてだけでなく、グローバル市場のための生産者となっていく」とINHALIFE(International Halal Lifestyle Conference)開会式で話した。

「グローバルなハラール市場にアクセスできるハラール・チャンピオンを創造する:可能性から現実へ」というテーマの同イベントは、 Indonesian Halal Lifestyle Centerとインドネシア銀行が合同で開催し、 ISEF(Indonesia Sharia Economic Festival )2019のいくつかの事例研究が中心的に取り上げられた。

Perry Warjiyo氏はまた、設立以来このビジョンを熱心にサポートしてきたIHLC(Indonesian Halal Lifestyle Center)の努力も称賛した。「インドネシアを、消費者だけでなくグローバル市場におけるハラール製品の生産者にするという大きなビジョンを熱心に支援してきたSapta Nirwandar氏とIHLCチームにも感謝を述べたい」

< Sigamp’s Eye >
編集者解説:中東イスラム経済の中心的存在であるUAEと、アジアのポストマレーシアであり次期リーダー国となるインドネシアのコラボレーション。現時点ではインドネシアよりもマレーシアのほうが制度やマーケット成熟度ともにアジアでは上だといわれるが、UAEはあえて将来性・市場性を見て確実に成長するインドネシアとの結びつきを強めている。ハラール市場の世界地図はこうやって変革を迎えるのであろう。インドネシアから今年は目が離せない。 

関連記事:

UAE: DIEDC、ヨーロッパで規模拡大へ

 

  • LINEで送る