ビジネス

カナダ:HALAL EXPO CANADA 2019開催

  • LINEで送る
北米唯一のハラールライフスタイルに特化したB2Bイベントに出店したマレーシア・トルコ・インドネシアのパビリオンは政府支援貿易ミッションの1つである。

北米唯一のハラールライフスタイル業界に特化したB2Bイベント、HALAL EXPO CANADA 2019には、ハラール市場の高品質商品・サービスが集まった。

同イベントには世界中から販売者とバイヤーが集結する。豊富な会議プログラムを持つこのイベントでは、飲食品・医薬品・ファッション・化粧品・金融・eコマース・フランチャイズ・物流・観光などの分野で、輸出入業者やバイヤーがネットワーキングを行い市場情報を共有するための理想的なプラットフォームを提供する。

2019年10月8日から9日、オンタリオ州ミシサガの国際センターで開催された同イベントには、150近くの地元・海外出展者が集まり、マレーシア・トルコ・インドネシアは国の支援を受けたパビリオンが展示される。

このイベントは、130億ドル(約1.4兆円)以上の市場規模を持つカナダ・北米市場へのハラール商品・サービスの取引をより一層活性化させることを約束する。

「北米でハラール商品・サービスに対する需要がますます高まる中、ハラールライフスタイル業界にとって非常に重要な貿易プラットフォームを作るのは当然の流れだ」とTHE EXPO HUT CEOでHalal Expo Canadaの責任者を務めるNasser Deeb氏は話した。

Halal Expo Canada and Conferenceについて

約2800平方メートル以上の規模を持ち毎年開催される同イベントには、小売業オーナー・製造業者・投資家・企業家・政策決定者・サービスプロバイダー等々、ハラールライフスタイル業界屈指のバイヤーや重鎮などが集まる。

一連の基調講演、パネルディスカッションと事例研究発表などが開催されるHalal Expo Canada 2019 – Conferenceは、ハラールライフスタイル業界の様々な要素について、「ハラールと健康なライフスタイル」、「ハラール貿易と経済」、「イスラム投資と金融」、「ハラールビジネスのフランチャイズ」、「イスラム旅行と観光」、「ファッションとデザイン」などの重要なトピックを通して情報収集に最適のプラットフォームとなった。

Halal Expo Canada 2019は3,500名以上が参加した。

< Sigamp’s Eye >
編集者解説:カナダ・北米は近年ハラール市場に力を入れ始めている。もともとグルテンフリーやベジタリアンなどのフードダイバーシティ文化を持つ北米大陸では、同じように規制が必要なハラールやイスラエルのコーシャに対しても寛容である。というよりは、マーケティング的にこれらに対応する事で顧客ターゲットゾーンを増やしたいという明確な戦略を感じる。フードダイバーシティのどれかに対応する企業は、他のどれかに対応する事もハードルがかなり低くなるため、競合他社との差別化のために積極的により多くの認証を獲得している。ベジタリアン、ヴィーガンやグルテンフリーに対応済でありながら売上に悩む日本企業は、ぜひハラール市場へ展開を検討してみてほしい。

関連記事:

カナダ:ハラル消費者への理解を深める
  • LINEで送る