市場:2018年世界ハラール市場ライフスタイル部門、230兆円に

ハラル・ビジネス・オンライン

ハラル・ビジネス・オンライン

ビジネス

市場:2018年世界ハラール市場ライフスタイル部門、230兆円に

2018年の世界ハラール市場における、ライフスタイル部門の市場規模は230兆円、イスラム金融市場規模は270兆円であった事がDinarStandard社発表のレポート「State of the Global Islamic Economy 2019/20 report」によって判明した。

ハラル・ライフスタイル部門は2017年から5.1%の増加、イスラム金融部門の伸びは少し緩やかで2017年から3.5%の増加であった。

ハラル・ライフスタイル部門の市場規模は2024年には3.2兆ドル(約350兆円)に達する見込みで、想定年成長率は6.2%、イスラム金融部門は2024年には3.47兆ドル(約370兆円)で5.5%の想定年成長率となる見込み。

本レポート「The State of the Global Islamic Economy report」は2013年度より発行が始まっている。

< Sigamp’s Eye >
編集者解説: 2018年のハラール・ライフスタイル市場規模だけで日本国家GDPに匹敵する規模があり、また同等規模のイスラム金融市場というものが存在する事は日本人として記憶しておいて損はない事実である。また、日本のGDPは停滞下降の一途であるが、このムスリム市場に関しては年成長率4-6%でこれからも上昇を続けていく。日本企業にとってこの数字が意味するものは何かを、我々はもう一度再考してみる価値はある。2020年東京オリンピック、2025年大阪万博と、日本にはこれからも多くのムスリムを受け入れていくビジネスチャンスが続いていく。