UAE: DIEDC、ヨーロッパで規模拡大へ

ハラル・ビジネス・オンライン

ハラル・ビジネス・オンライン

ビジネス

UAE: DIEDC、ヨーロッパで規模拡大へ

マルタで行われた円卓会議で、 ヨーロッパのイスラム経済活動を拡大しまたイスラム金融分野で知識と経験を交換し国同士の関係を強化する機会が DIEDC(Dubai Islamic Economy Development Centre:ドバイイスラム経済開発センター)に提供された。

参加者たちは、イタリア・フランス・ドイツ等中央ヨーロッパの国々にかなりのムスリムが生活していることから、マルタがヨーロッパのイスラム金融中心地となる可能性についても議論した。このイベントはMIFA(Malta Islamic Finance Association:マルタ イスラム金融機構)と共同運営で行われた。

マルタ政府はヨーロッパと北アフリカの間という、地中海における戦略的な立地条件とアラブ及びイスラム世界との長年に渡る結びつきから、イスラム金融に大きな関心を示している。

DIEDCの戦略企画部Saeed Mubarak Kharbash Al Marri副所長はMIFAがマルタでイスラム金融を紹介する功績をたたえ、円卓会議がドバイの成功例:GDPに対するイスラム経済貢献度を引き上げたこと:を共有するプラットフォームを提供したと述べた。

円卓会議を通してドバイイスラムセンターは、マルタの参加者に全面的な支援と協力、またEmirates NBD、Nasdaq Dubai、S&P Global等のドバイ拠点企業や著名なシャリア学者や弁護士による支援を約束した。

「今回の訪問を通して、我々はマルタの資本市場を探索しその経済システムと情勢の丁寧な調査を通してそこに存在するチャンスを探りたい。また DIEDC 2017-2021戦略にあるデジタル・イスラム経済という柱も促進していきたい」と Saeed Mubarak Kharbash Al Marri氏は話した。

MIFA会長 Rueben Buttigieg氏は、イスラム経済における経験とベストプラクティスを共有したことに対してIslamic Centreに感謝の意を表した。また、2010年以来マルタにイスラム金融を紹介するために尽力してきた様々な団体の努力も強調した。

関連記事:

UAE:DIEDCが極東エリアへ歩みを拡大