ビジネス

英国:Salam Planet、Halal Dining Clubを買収

  • LINEで送る
ムスリムのためのライフスタイルアプリSalam PlanetがHalal Dining Clubを買収した。

Salam Planetは、デンマーク・パキスタン・イギリスで20万人近くの利用登録者を持ち、今回の買収でイギリスとアジアのシェア拡大を狙う。Halal Dining Clubは、ハラルを求める人々がレストラン検索、レビューの投稿、予約、ポイント獲得が行える革新的なアプリを2016年に発表した。厳選された4,500以上のレストランが収録されたデータベースには、ロンドン・シンガポール・東京・バンコク・ニューヨークの店舗が含まれ、毎週100万人のユーザーが利用している。

 

買収に関し Salam Planetの創設者兼CEOのOmair Khan氏は「Halal Dining Clubを我々のサービス部門のポートフォリオに加えることができとても嬉しい。Halal Dining Clubは、ハラルを求める人々のためのレストラン検索と予約をより便利にしたいという、我々と同じビジョンを持っている。我々は、良いハラルレストランを便利に信頼できる方法で見つけたいというユーザーの要望を大切にし、今後も末永く利用してもらいたいと考えている。Halal Dining Clubなら、ハラルレストランが快適かつ簡単に見つかるため、レストラン側もオンライン予約と注文から効果的に利益を挙げられるだろう」と話した。

コペンハーゲンを拠点とし、Salam Planetを支援するベンチャーキャピタル、 Promentum Equity Partnersは、「ムスリム向けのデジタル・エコノミーが持つチャンスは非常に大きく、比較的未開拓の状態である。ムスリム・ライフスタイルを求めるユーザーをプラットフォームに呼び込むSalam Planetの実力、Halal Dining Clubのダイニング・スペースの提案を組み合わせることで、ユーザーによりパワフルなコンテンツを提供できる。これにより、ソーシャルメディアを駆使したグローバルなライフスタイルのプラットフォームとマーケットを提供するという Salam Planetのビジョンに一歩近づける」とコメントした。

Halal Dining Clubの創始者兼CEOの Siddika Jaffer氏は以下のように話した。
「Salam Planetとの提携は、Halal Dining Clubにとって重要な前進となる。Salam Planetの、ムスリムの為により多くの範囲のカバーしたライフスタイルアプリを作るというビジョンは、急速成長するハラル消費者およびその層をターゲットにする会社に対して更に大きな価値を提供するという我々の成長モデルと完全一致している。Salam Planetは、複数のカテゴリーを備えるプラットフォームとベンチャーキャピタルの支援を通じ、ハラル消費者の需要に答える世界最大ブランドの座も狙える位置にいます」

買収の条件は非公開。 Siddika Jaffer氏は引き続き Salam Planetに対し顧問という立場で協力しながら共通のビジョンの実現を進めていく予定。

イスラム部門の統合

Siddika Jaffer氏は、Arabian Businessに対し次のようなコメントを行った。
「今回の買収は、間違いなくイスラム経済分野の統合傾向の始まりを意味する。各地域で、色々な企業がハラルレストラン検索アプリやハラルECプラットフォームなど、類似ソリューションを提案している。新興企業は、各市場で少しの需要が獲得できたかも知れないが、規模拡大のためにはそれぞれの市場で獲得した独特のアイデアを維持しながら、統一の方向に向かっていく必要性がある」

Siddika Jaffer氏は、イギリスのモデストファッションとハラルツーリズム分野が今後ますます統一されていくと予想している。
「消費者の観点から言えば、裕福でITに精通したミレニアル世代のユーザーが、今後もスタートアップ企業にとって良い条件を生み出す。スタートアップ企業にとっては、複数国における断片的なユーザーを対象としている場合、いかにしてスケールアップを行うかが課題となっている。これは特に、大手企業がムスリム消費者の特定ニーズに応える事ができていない西洋エリアのユーザーをターゲットとするスタートアップ企業が挙げられる」

関連記事:

ロンドン・メイフェアでイスラム経済イベント開催