fbpx
インドネシアのハラル規則と業界の心配

ハラール・ビジネス・オンライン

ハラール・ビジネス・オンライン

ビジネス

インドネシアのハラル規則と業界の心配

インドネシアの法律(33/2014)によると、インドネシアの化粧品および補助食品製造業者は国内流通前にハラル認証の取得が義務付けられている。

ハラル製品の規定は2019年10月から適用予定だった。
しかし、ここ最近の一連の変更で、BPJPH(Halal Product Assurance Agency)の新たな計画により製造業者はハラル認証を2024年までに取得すれば良いことになった。
背景には、人命を救うためのワクチンや他の不可欠な製品の備蓄が減少している事情がある。
これ以外にも、業界と製造業者は新たな規定に関して次のようないくつかの懸念を持っている。

1. ハラル法が非常に厳しいため、Pharmaceutical Manufacturing Groupは、 BPJPHが期限後に(血液を含むワクチンなど)人命救助に必要ないくつかの製品を拒否するのではないかと懸念している。
2. ハラル規定が厳しいため、また同国の市場シェアはあまり大きくないため、企業がインドネシア市場向け製品の製造を敬遠する可能性がある。
3. ハラル規定からは、非ハラルの原材料を含む製品を「非ハラル」と申告する必要があるのかどうか不明である。
4. ハラル規定に関してガイドラインが設定されていない。
5. 製造業者は、出来上がった商品と共に、規定が原材料、接着剤や加工食材などにも影響を及ぼすことを懸念している。
6. ハラル当局から認証を得るのに費用がかさむ。
ハラル法の実施は、ガイドラインが頻繁に修正されるために阻まれることが多い。

もし政府が提示された期限よりも早く法律を制定することになれば、曖昧さを回避するために業界の懸念に対応する必要があるかもしれない。
ハラル規定はインドネシアの食品と化粧品ビジネスにどのように影響するだろうか。
法律が実施されてから初めてこの質問への答えが出るだろう。
インドネシア市場への参入を成功させるには、当該地域のガイドラインを注視するべきだ。常に新たな情報をフォローし、規定を遵守しよう。

関連記事:

認証団体がインドネシアMUI職員を恐喝罪で告発、ハラル業界に激震