トルコ:イスタンブールでIMFW(ムスリムファッションウィーク)開催

ハラル・ビジネス・オンライン

ハラル・ビジネス・オンライン

ファッション・流行ビジネス

トルコ:イスタンブールでIMFW(ムスリムファッションウィーク)開催

今週末、イスタンブールに世界中から一流のモデストファッション・デザイナー、インフルエンサー、バイヤーやファッションリーダーたちが集まる。
21のブランドが第2回IMFW(ムスリムファッションウィーク)でラマダン・コレクションを発表する予定だ。急速な成長を見せているモデストファッション部門の中でも特に有名なブランドで、世界ツアー中で現在フランクルトで開催中の『Contemporary Muslim Fashions』展覧会にも出品しているインドネシアのDian Pelangiも参加する。

もう一人の今週の立役者は、先の10月にパリ・コレクションに初のヒジャブ・モデルとして参加し注目を集めたFeriel Moulaiだ。
アルジェリア系のベルギー人モデルは土曜日、スーパーモデルのHalima Adenと共にRefka、Halima x Modanisa、 Mayovera、Sherpa、 Nihan Peker x Modanisaの5つのショーで、イスタンブールのランウェイに登場する予定だ。

IMFWを運営しメインスポンサーも務める一流モデストファッションのネット小売業者Modanisa.comは、Istanbul Fashion Weekの開催地でもあるZorlu Centreで行われる2日間のイベントのプログラムを発表した。
21のショーでは、既製服とオート・クチュール、イブニングとブライダル、またビーチやアスレジャー服の最新コレクションが発表される予定だ。

IMFWは4月20日午後2時に2つの限定ショーでオープンする。最初はModanisaの人気自社ブランドRefkaのスペシャル・コレクションだ。
この後には、Halima AdenとModanisaのファン待望のコラボレーションも発表される。

1日目にはRabia Zのショーも開催予定だ。「世界初のモデストファッション・ブランド」として知られるアフガニスタン系アラブ首長国連邦人デザイナーが、 Modanisaとの持続可能な「Basics, Reimagined」コラボレーションを土曜の午後に発表予定だ。
マレーシアのUmmiRiaz International、 Barli Asmara(インドネシア)とトルコの Mayovera、Meryem AcarとMinel Askも土曜の午後にコレクションを発表予定だ。土曜の夕方にはイギリスの宝石ブランドSherpaによる特別ショーも行われる。

1日目の最後を飾るのはトルコのトップデザイナーNihan Pekerだ。今回が彼女の初めてのモデストファッション・コレクションとなる。
Istituto Milanの卒業生でミニマルなモノトーンのスタイルで知られるPekerは、 Modanisa用の既製服カプセルコレクションで日中とイブニング用の贅沢な作品を発表予定だ。

News from modanisa.com

2日目はDian Pelangi、Muslima Wear、Muni MuniとM Weddingのクリエイティブ・ディレクターでもあるロシアのAmina FedorenkoとイギリスのブランドSaiqa MajeedとTill We Coverの最新コレクションが発表される。

4月21日日曜日にはまた、世界初の女性向けショッピングモールZeruj Portで販売されるファッション・レーベルのZeruj Designersもコレクションを発表する。

日曜日にIMFW 2019の最後を飾るのはMizalleの限定ショーだ。
トルコの同ブランドは昨年スタートしたばかりだが、スタイリッシュでエレガントな既製服ですぐに多くのファンを獲得した。

ファッションショーと同時に、「メディアのレンズを通した認識と現実」、「トルコはどのようにしてモデストファッションの世界的中心地となったか」、「モデストファッションのビジネスー世界各地のチャンスと課題」の3つのパネル・ディスカッションも行われる。

基調講演者は、世界的なファッション専門家Reina Lewis教授、 Elle Arabia紙の編集長Nada Kabbani氏、ファッション界の大物Suleyman Orakcioglu氏、 Modanisaの
CEO Kerim Ture氏、 トルコUPS社長Burak Kilic氏、ブランディング・コンサルタント Yelda Ipekli氏、起業家兼コメンテーターRabia Zargarpur氏、著者でファッション・ライターのHafsa Lodni氏、Hijab in Style紙の編集長Sahinat Erkilic氏、フランス初のモデストファッション・パレードを組織したSamia Sissani氏、そしてイギリスの元弁護士でデジタルコンテンツ・クリエイターのSebina Hussain氏などだ。

今週末のIMFWには約700名の来場者が見込まれている。ランウェイのショーはSky Lounge(Zorlu Centreの上階)で開催予定で、3つのトーク・ショーとブランド・ブースは階下のMeydan Fuayeで見ることができる。後者は一般参加も受け入れている。

しかし、ファッション・ショー観覧希望者は事前の登録が必要だ。詳しい内容は、IMFWのホームページmodanisafashionweek.comに記載されている。

IMFWは、UPS、MAC Cosmeticsと Hair by Mehmet Tatliの支援のもと、 Halal Focusと Modest Russiaをメディア・パートナーとして開催される。