マレーシア:ゴム手袋のハラル認証は 新たな「個人的防護具」基準に基づくと主張

ハラル・ビジネス・オンライン

ハラル・ビジネス・オンライン

ビジネス

マレーシア:ゴム手袋のハラル認証は 新たな「個人的防護具」基準に基づくと主張

写真: ハラル認証ゴム手袋をつけるSumirubberビジネス開発責任者Sherine Lim氏(中央)、ハラル責任者 Mahzir Omar氏(左)と営業担当 Jason Lok氏(右)
写真:Sumirubber Malaysia

マレーシア企業が、サプライ・チェーン全体を通してハラルの整合性を保つために,再利用可能なゴム手袋 に対して世界初JAKIMハラル認証を取得したと発表した。

手袋のハラル認証は、個人用防護具(PPE)に関する新基準に沿ったものだとJAKIMから連絡があったと、住友ゴム工業株式会社子会社であるSumirubber Malaysia Sdn. Bhdはコメントした。

Salaamgatewayの取材に対し、JAKIMは個人用防護具の基準についての質問への回答は行っていない。「用具」に関しては、例えば食品関連施設で使用するものがJAKIMハラル認証を受けるには、一定の基準を満たす必要がある。

マレーシアのハラル認証のマニュアルには、工場や食品施設で使われる用具は「najs(ナジス:不浄なもの)が混じっておらず、生産される商品に影響するような危険物が含まれていないこと」と記載されている。

防護用手袋に関しては、例えば食品生産に使用するものは、消費財を扱うMS2200に基づいてハラル認証を取得可能だとPwC Malaysiaのハラル産業統合サービス部長 Dhaliff G. Anuar氏は言う。

他の飲食品以外のJAKIMハラル認証については、マレーシアの企業BioIntegrasiがオムツとナプキンについてハラル認証を取得した事を3月4日も報道されている。その後JAKIMはEmailでの取材回答の中で、BioIntegrasiのハラル認証は基準とは関連しておらず、マレーシアのハラル認証手続きマニュアルに沿ったものだと書いている。

消費者の信頼を得るためのハラル認証

Sumirubberビジネス開発責任者Sherine Lim氏は、ハラル認証済みの再利用可能なゴム手袋があれば、最初から最後まで製造業者が自信を持ってハラルに反するような汚染無しで商品を製造できると話した。

「製造プロセス全体を厳重に管理するハラル保障システム(HAS)の適応により、全く汚染がないことを保障できる」と Sherine Lim氏は述べる。

マレーシアHAS(ハラル保障システム)は、企業がサプライチェーンのハラルの整合性を維持し保障できるための体系的なアプローチを提供する。

Sherine Lim氏は、衛生状態・容認されない動物由来物質・動物性ゼラチン・アルコールなどの不適合物質がハラル製造プロセスの主な懸念材料だという。

Sumirubberは、4月開催MIHAS(マレーシア国際ハラル展示会)への初出展を通じて、手袋の販売量増加を期待している。

Sherine Lim氏によると、同社は2018年10月にハラル認証を受けて以来約40万ドル(約4,400万円)分ほどのゴム手袋を販売したという。

「初出展者として、MIHAS期間中に10万ドル(約1,100万円)の販売を目指す。また、今後5年間で毎年20%の成長を見込んでいる。この安定した需要の増加は、ムスリム・非ムスリム両方で見られます。非ムスリム市場でもハラル商品とサービスへの許容度が高まっているからである」とSherine Lim氏はつけ加えた。

マレーシアでのマーケティングに成功した後、同社はアジア太平洋と中東にも市場を拡大する予定だ。

「MIHASで関心と意識が高まり、ハラル手袋にとってチャンスが生まれるでしょう」

Sumirubberのハラル認証ゴム手袋はニトリルという合成ゴムと天然ゴムを組合わせて作られている。

ハラル認証に加え、同社はまたゴム手袋が再利用可能であることも、コストを抑えたい食品、医薬品、化粧品会社、食品チェーン店や家庭にとって良いセールスポイントになることを期待している。

ハラル産業にとって「望ましいこと」

MATRADE(マレーシア貿易振興機関)CEO Wan Latiff Wan Musa氏は、ゴム手袋の件はハラル産業にとって望ましいことだと話した。

「大抵の人は、ハラルといえば飲食品を思い浮かべるだろうが、ハラルはそれだけではない。ハラルゴム手袋は、その意味でとても期待が持てる動きだ。ハラルは、ライフスタイル全体に関わるものだ。それこそMATRADEがずっと伝えようとしてきたことである」と、彼はランカウイ島で行われた海洋展示会で発言した。

ハラルが飲食品だけでなくライフスタイル全てに関わるということは、ムスリム以外の人々に伝えるほうが(ムスリムに伝えるよりも)難しいと彼は言う。

関連記事:

食品以外のハラル認証、明確なガイドラインや基準は現時点で存在せず