ビジネス

SCCI、ハラル認証必要条件についてのワークショップ開催

  • LINEで送る

SCCI(The Sharjah Chamber of Commerce and Industry)は「ハラル認証必要条件およびエミレーツ品質マークの説明」と銘打ったワークショップを開催し、戦略的パートナーとの協業体制の中でこのテーマがあらゆるビジネス分野において持続可能な経済の発展を促進すると説明した。

本ワークショップはUAEにおける輸出入の法律・規制の紹介が狙いであると同時に、ESMA(Emirates Authority for Standardization and Metrology)で適用されるその他の規制やメカニズムについてもレビューを行った。また、UAEにおけるハラル製品の管理規制についても説明し、それらの実践および基準が地場製品の品質向上を助け、国際市場での競合優位性を高めると強調した。

世界的なムスリムの購買力の規模と巨大な消費力は、全ての製品分野においてハラル商品への関心を倍々的に高めており、ムスリムのハラル関連消費額は食品、ツーリズム、ファッション、医薬品、化粧品の分野で2021年には2.98兆ドルに届く見込みである。

ワークショップはSCCI本部で水曜に行われ、サービス部門副GMのAbdulaziz Mohammed Shattaf氏、メディア部門DirectorのJamal Saeed Buzangal氏、Gulf Tech CorporationのExecutive DirectorであるDr. Yahia Ali Yahya氏、SCCI投資部門トップYasir Obaid Hashim氏、UAE GulfTIC Certification Managing DirectorのVictorino Abejero氏等に加え、品質管理関連の政府部門役人達が出席した。また食品・香水コスメ等の向上をSharjahで開いている50名のゲストも出席した。

サービス部門副GMのAbdulaziz Mohammed Shattaf氏はSCCIによる率先したワークショップの開催は、本国製品の輸出を増加させるための戦略の一部だと語った。国内および国際市場においてUAE品質を証明するエミレーツ品質ハラルマークを製品に貼る事によってUAE製品の信用を高めることは、(輸出の増加の)実現に寄与すると付け加えた。

このワークショップの重要性は、投資家やビジネスオーナーにUAEのハラル製品管理規制やハラル認証必要条件、エミレーツ(UAE)品質マークの獲得条件について普及させることであった。加えて、UAE製品が輸出時にハラル認証を獲得している事のポジティブなインパクト:消費者イスラム製品への関心を高めることである事:についてワークショップ内で説明された。

ESMAの代表はプレゼンテーションの中で、法律や規制を整理・制定すること、基準を改善すること、地場製品の品質を高め、市場をコピー製品から守ること、これらシステムを実際に浸透させていくメカニズムなどの施設の役割について説明した。

GCC Accreditation Centerに任命を受け、ESMA(UAE認証)およびSASO(Saudi Standards, Metrology and Quality Organization:サウジ認証)にも登録された認証機関であるGulfTIC Certificationの専門家が食品・化粧品のハラル認証について、およびエミレーツ(UAE)品質マークについてのプレゼンテーションも行った。

原文:https://halalfocus.net/sharjah-chamber-organizes-a-workshop-on-the-requirements-of-halal-certification/

  • LINEで送る