ビジネス

シンガポールでIHAF(国際的ハラル認証評価フォーラム)開催、ハラル貿易促進

  • LINEで送る
By Fahad Shabbir – Urdupoint.com

シンガポールで第3回IHAF(International Halal Accreditation Forum)が開かれ、ハラル認証関連の国際的な協力や調整の促進について議論された。

会議はMinistry of Economy for Economic Affairs(経済省)次官でフォーラム議長のMohammed Ahmed bin Abdulaziz Al Shehhi氏により進行した。

フォーラムではハラル産業のPRおよびハラル商品の国際貿易をサポートする狙いでの幅広い話題が議論された。会議ではインドネシア、ロシア、コロンビア、キルギスタンが公式にハラル認証団体メンバーとして認可され、現在は31団体が公式メンバーとなった。

また、ドバイをベースとするフォーラムは、独立した非政府系の国際ネットワークで、2016年に「ドバイ:イスラム経済の中心」の一部としてドバイの副大統領兼首相、ドバイの主権者Sheikh Mohammed bin Rashid Al Maktoum氏によって設立された。

Al Shehhi 議長は「当フォーラムは各国の認証団体におけるハラル基準・メカニズム・進め方における対話や協調を促進し、関連する公式団体間での知識および経験の交換を促進し、各国間のパートナーシップを強化するための国際ネットワークを確立するための役割において最先端を走り続けている。」と述べた。

また議長は第3回IHAFの結果について以下のように強調した。「今回新しい4団体が正式にメンバーとして加入した。これらの国々はどれもフォーラムの戦略やメンバー各国間の経済および世界ハラル産業促進をサポートしていく。インドネシアは世界最大2.3億人のムスリム人口を有し、東南アジア最大の経済大国である。ロシアは世界でも発展途上国のカギとなる経済市場と言われ、3千万人のムスリム人口を有している。そしてキルギスタン、コロンビアもフォーラムの重要な追加メンバーとして加盟した。

原文: https://halalfocus.net/international-halal-accreditation-forum-in-singapore-discusses-halal-trade-promotion/