ビジネス

UAE: エンジェル投資家がイスラム諸国に注目

  • LINEで送る
Falcon Network、10-50万ドルをスタートアップ企業向けに融資

40人以上のエンジェル投資家から成る新しいグループがFalcon Networkというムスリム社会におけるスタートアップに投資するために結成された。

Falcon Networkは火曜日に、ドバイのGIES( グローバルイスラム経済サミット)
で始動した。

UAE副大統領のアドバイザーSayd Farook氏と、グループ創始者の1人ドバイ主権者Sheikh Mohammed bin Rashid Al Maktoum 氏 は、このUAE政府の後ろ盾を謳歌できるFalcon Networkについて、インパクトを放つ方法を探し、「実業」に対してのソリューションを生み出せる起業家の興味を惹きつける狙いがあると述べた。

アブダビとドバイはいずれも起業家のハブとして、世界の起業家に幅広い孵化機能や成長プログラム、投資機会へのアクセスを提供している。

22州全てのアラブ諸国を含む、137か国の起業家エコシステムを計測するGEI(Global Entrepreneurship Index、国際起業家インデックス)は、UAEの起業家育成の強みはネットワーキング、新製品の開発能力そして新技術の統合能力であることを示している。

逆に弱みとしては、現時点での技術分野レベル、新技術の吸収能力、そしてスタートアップ企業が持つスキルベースが不十分であることである。

ロンドンを拠点とする国際起業家育成機構により創設されたこの指標をもとに、国際金融会社、国際銀行および国際経済フォーラムが共著し8月に2018年のアラブ競争能力に関するレポートをリリースした。

Falcon Networkの創始者によると、2018年12月より出資者を探す起業家向けの申請を開始する。各エンジェル投資家からの出資は最低5万ドルを予定し、2百万ドルの資金プールを2年以内に形成する予定。

出資に関し、Falcon Networkは投資先の企業の10-20%の持ち株をシェアする。Farook 氏によると、融資金額範囲は10-50万ドルの間で、このFalcon Networkの特筆すべき点は、UAEでよく見られるギャップである、(一般の投資家が行わない)アーリーステージの投資に特化し、「起業家が確実に離陸できるように」することである。エンジェル投資家は、マレーシア、フランス・ベルギーといったヨーロッパまで、各国様々である。

Falcon Network立上げのプレスリリースでは、Bank of Khartoum International 投資銀行部門頭取Nida Raza氏、ドバイ拠点ベンチャーキャピタルGulf Bridge Capital のManaging Director Zohaib Patel氏、GCC(中東湾岸)エリアでデジタル・バンキング・プラットフォームを運営するWaqfe のCEOAshar Nazim氏などが投資家として参加している事が発表された。

プレスリリース:

40名の影響力を持つエンジェル投資家、Falcon Networkを始動

Falcon Networkメンバーは、今後2年で最低5万ドル投資していく事を約束した。

• 1stラウンドの融資は計200万ドル以上をもって、成功する起業家と投資家を繋げる。
• 融資要求は最高50万ドル。最初の融資適用案件は2018年12月1日に開示。

(ドバイ)発展途上マーケットを拠点とする投資家グループは、発展途上・成長市場および国(ドバイ、イスタンブール、クアラルンプール、Lahore、ジャカルタ等)の成長が見込まれるエコシステム立上げをターゲットにしたエンジェル投資家ネットワークから成るFalcon Networkの立上げを発表した。

UAE副大統領兼首相、ドバイ主権者Sheikh Mohammed bin Rashid Al Maktoum氏の後援のもと開催された第4回GIES(グローバル・イスラム経済サミット)の開催と同時に立上げられたFalcon Networkは、中東、南アジア、東南アジアの政府高官、民間企業重役などをメンバーに含む。主要メンバーは: Crescent Wealth社Managing DirectorのTalal Yassine氏、Wahed Invest社創始者Junaid Wahedna氏、Bank of Khartoum International投資銀行部門頭取Nida Raza氏、Gulf Bridge Capital社Managing DirectorのZohaib Patel氏、Waqfe社CEOのAshar Nazim氏、RFI Foundation(Responsible Finance and Investment Foundation)副理事、Dr. Sayd Farook氏など。

当グループの会員は、向こう2年間で最低5万ドルを投資することを確約しており、既にターゲットとなる市場での投資機会を提供するビジネスインキュベーター、アクセラレーター達との戦略パートナーシップを確立している。

初期段階はカイロ、ドバイ、イスタンブール、ジャカルタ、クアラルンプール、Lahore およびラゴス等の企業スタートアップへのファンドに制限のある地域ににフォーカスする。様々な投資規模を予定しているが、初期は50万ドル以下の案件を検討する。当グループから融資を受けるスタートアップ企業(プロジェクト)はコンセプトレベル成熟度の認証が最低でも求められる。融資分野は特に問わず、最初の融資ラウンドは2018年12月1日以降から応募可能。

Falcon NetworkおよびConexCap共同創始者Rachid Ouaich氏は「発展途上国市場でビジネス立上げには、並々ならぬ規律と決意が必要になる。これまで多くの起業家がガイダンスの欠如と資金集めに失敗したのを見てきた。Falcon Networkの始動は戦略的資金を高いインパクトを持つ投資機会とマッチさせることだけでなく、起業家が必要なメンター指導者を提供できることにとってもエキサイティングなニュースである。

Zileej 社のNetwork and Design Executive Officer部門共同創始者Peter Gould氏は「我々はカイロ、ドバイ、ジェッダ、ジャカルタなどに存在し、大きな金融リターンだけでなく社会問題を解決しうる、新世代ハイテクベンチャー起業家のためのネットワークを構築した。これらのエリアにはインパクトにフォーカスした個人投資家と目的を達成したい起業家を接続することに明らかなニーズがあり、これこそが我々が達成したいと望むことだ」と述べた。

原文:https://halalfocus.net/uae-new-angel-investor-group-targets-impact-investments-in-muslim-countries/

コメントを残す