ラマダン(ラマダーン)

イスラムで断食等を行う月。ラマダーンはイスラム暦の第9月。同月間は、日の出から日没までイスラム教徒は一切の飲食物、香料、性行為などを断たねばならないとされている。

一般的に、ラマダンは「断食」と考えられていますが、断食はお祈りなどと並んだ義務のひとつであり、ラマダンの時期は、この断食をひと月、続けておこなうのが特徴である。
イスラム圏に住む信仰者だけでなく、各国に住むイスラム教徒もそれぞれの場所でおこなう、イスラム教徒にとって神聖な行事。

関連ワード:イフタール(ブカプアサ)