ヒジャーブ(ヒジャブ)

目だけを残して頭から足元まですっぽりおおう薄絹地の服や、スカーフ。
アラビア語では「覆うもの」を意味する。
日本ではヒジャブと呼ばれることが多い。
イスラーム法であるシャリア規定されている女性の服装。